和歌山都市圏総合交通計画研究会IV

 2017年度研究活動

研究の概要

 平成26年度より「和歌山都市圏総合交通計画の理想像を追求し交通まちづくりの理論的支柱たること」を目的として「和歌山都市圏総合交通計画研究会」を実施してきた。平成27年度~28年度にかけては、研究機構の「持続可能なまちづくりを目指して~わかやま!LOHAS 2040~」を踏まえつつ、和歌山市の総合交通計画のあり方について研究を進め、理念の検討や達成度指標と数値目標の検討、目標達成のための施策パッケージの検討などを行ってきた。
 平成29年度には、これまでの成果を踏まえて報告書を刊行するとともに、10月の日本交通学会全国大会(和歌山大学で開催)にあわせ、同学会と共催でシンポジウム「地方都市のまちづくりと交通政策」を開催したい。

活動報告
第1回研究会 2017年6月30日
第2回研究会 2017年8月30日
メンバー

研究員

辻本 勝久(代表) 和歌山大学経済学部教授
藤田 和史 和歌山大学経済学部准教授
永瀬 節治 和歌山大学観光学部准教授
中西 望 和歌山社会経済研究所研究委員
中井 敬明 和歌山社会経済研究所主任研究員
中嶋 孝之 和歌山社会経済研究所研究員
事務局
上野 美咲 和歌山大学経済学部特任助教
上野山 裕士 和歌山大学観光学部特任助手