ワダイのひと 和大OB・OGお仕事取材ファイル

『ワダイのひと!和大OB・OGファイル』は和歌山大学経済学部の学生や若手卒業生が、社会で幅広く活躍しているOB・OGを取材し様々な生き方や職業に触れる機会を持つことで、得られた発見や感動を自らが記事にすることを通じ、自分の生き方を真剣に考え、和歌山大学生として夢と誇りを持って社会参画していくことを支援するプロジェクトです。

ワダイのひと 和大OB・OGお仕事取材ファイル

ワダイのひと 和大OB・OGお仕事取材ファイル

ホーム > 過去の記事一覧 > 過去の記事:2012年5月 >

2012.05.31
自分が感じたことを素直に受け止める!

小林 淳先輩

小林 淳先輩

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
国内事業部 営業改革プロジェクトリーダー
兼 経営戦略室員

和歌山大学 経済学部
経済学科
30期卒業

企業サイトURL:http://www.hitachi-omron-ts.co.jp/

取材者

丸尾 美子

和歌山大学
経済学部
ビジネスマネジメント学科
1回生

丸尾 美子

どうして和歌山大学経済学部に入学されたのですか。

 

一言で言うと、

誰も知っている人のいない未知の土地で自立して自由な生活をしたかった

からですね。

みなさん近い過去だから色々覚えていると思うんですけど、中学高校の時って色々校則が厳しかったり、まあ特に田舎暮らしをしていると、世間が狭いからちょっと変わったことをすると、凄く目立ってしまうことがあるでしょう?そういう余計なしがらみから離れて、誰も知らない人の所で自分を素直に出しながら自由に自分を表現したかった。高校時代に演劇部に所属していた影響もあるかもしれませんね。

関西の大学を選んだ理由は、親戚がいなかったからです。僕には姉がいるんですけど、姉は歳が離れていて、当時は結婚して東京にいました。だから東京の大学を受けるのは止めようかなと・・。(笑)逆に姉が関西に嫁に行っていたら、僕は和歌山大学を受けなかったかもしれないですね。関西の大学の中でも和歌山大学を受けようと思ったのは、入試科目が魅力的だったのも理由の1つです。当時は入試の仕組みが随分違っていて、僕らの時は、共通一次になる前の年でした。だから僕らが受験した年で浪人すると、次の年から共通一次を受けなければならず、その時の和歌山大学は入試科目が3教科だったので、共通一次になると、5教科7科目になるという状況でした。その為、最後の駆け込みで競争率がより高かったですね。10倍を超えてたんじゃないかな?だから僕が受験に来た時には、和歌山大学の中に受験生が入りきらなかったので、近くの高校で試験を受けました。だから入試のときには和歌山大学を見てない…と言うより見れなかった。(笑)受験の時にはもう1つ大変な事がありました。日程的に最後の最後に和歌山大学を受けたから、受験に来るとき、最初区間がよく分からなくて…まぁ大阪までは急行列車で来たけど、そこからどうやって和歌山まで行くのか分からなくて…。阪和線で和歌山行きだと思って乗ったんだけど、各停に乗ってしまったんです。(笑)そしたら何時まで経っても着かないし、どんどん暗い所に行くから、これで本当に着くんだろうかって不安になっちゃって…ああえらいとこきちゃったなぁと思いましたね。(笑)でも試験が終わって帰りは沢山の受験生がぞろぞろ行く方についてって南海に乗ったから大丈夫でした。で、谷口さんのを見てああなるほど同じだなと思ったのは、僕も合格発表を見に行かなかったんです。全然気にもして無かったんだけど、合格発表の次の日に大学から手続きの書類が送られてきて、「ああ〜受かったんだあ!」みたいな。まぁそれで和歌山大学に行きました。

 

━━ではそういう考えを持って入学された和歌山大学の学生時代に熱心に取り組まれ                       たこととは。

 

実は谷水さんと同じクラブだったんです。

フォークソング研究会

 今は名称変更して流音楽部になっていますね。公式見解は、自分を表現したい、というところから。演劇と繋がっている所があるのかな。僕らの世代のちょっと前は、有名なフォークギターのキャッチコピーがあって、『モーリスあれば、スーパースターも夢じゃない』という言葉です。そうやってみんな騙された。(笑)気持ちではプロになりたいと思った時期もありましたね。

Contact

運営:和歌山大学経済学部キャリアデザインオフィス・ワダイのひとプロジェクト

和歌山市栄谷930番地 TEL:073-457-7850 FAX:073-457-7851 アクセスマップ