ワダイのひと 和大OB・OGお仕事取材ファイル

『ワダイのひと!和大OB・OGファイル』は和歌山大学経済学部の学生や若手卒業生が、社会で幅広く活躍しているOB・OGを取材し様々な生き方や職業に触れる機会を持つことで、得られた発見や感動を自らが記事にすることを通じ、自分の生き方を真剣に考え、和歌山大学生として夢と誇りを持って社会参画していくことを支援するプロジェクトです。

ワダイのひと 和大OB・OGお仕事取材ファイル

ワダイのひと 和大OB・OGお仕事取材ファイル

ホーム > 過去の記事一覧 > 過去の記事:2012年5月 >

2012.05.25
どんな経験もいつかきっと役に立つ

岩本亮先輩

岩本亮先輩

ハウス食品株式会社
監査室チームマネージャー

1995年ハウス食品株式会社に入社
営業所、販売課、マーケティング室広告制作課、資材部、内部統制室を経て現職

和歌山大学 経済学部
産業工学科
43期卒業

企業サイトURL:http://housefoods.jp/

取材者

宮崎友理

和歌山大学経済学部ビジネスマネジメント学科3回生

宮崎友理

 

まず岩本様が和歌山大学経済学部に入学されたきっかけを教えていただけますでしょうか

 振り返ってみると学生時代、僕はデータ化された数値を見て分析したり、そのデータが表す事象や、どういうことが世の中で起こっているのかという背景を数字から読み取り考えることが好きでした。ですので、経済学部を選んだきっかけとしては、漠然とですが、社会・会社の仕組みや経済、特に経営関係・システムについて興味があったことに加え、これからパソコンが普及していくにつれて、システム化が進むであろうという思いがあったことです。また何故、和歌山大学を選んだのかというと、一浪をしておりまして。冒険もできず、色々行きたい学校もありましたが、親にも負担はかけられないというところもあって、受かる確率の高い大学がいいかなと。なおかつ、経済とシステム関係とに興味があったので、工学系・経済学系の両方を学べるような、そういう大学があったらいいなと思い、今のシステム工学部の前身にあたる産業工学科のある和歌山大学を志望いたしました。

 

産業工学科というところでは、岩本様が興味を持たれていた統計の数値化された分析はできたのでしょうか

 そうですね。産業工学科なので、ちょうどパソコンを使って、そういう分析であったり仕組みをつくったり、どういう結果を出すかという勉強ができました。

記事用写真2(編集済).JPG

 

Contact

運営:和歌山大学経済学部キャリアデザインオフィス・ワダイのひとプロジェクト

和歌山市栄谷930番地 TEL:073-457-7850 FAX:073-457-7851 アクセスマップ