ワダイのひと 和大OB・OGお仕事取材ファイル

『ワダイのひと!和大OB・OGファイル』は和歌山大学経済学部の学生や若手卒業生が、社会で幅広く活躍しているOB・OGを取材し様々な生き方や職業に触れる機会を持つことで、得られた発見や感動を自らが記事にすることを通じ、自分の生き方を真剣に考え、和歌山大学生として夢と誇りを持って社会参画していくことを支援するプロジェクトです。

ワダイのひと 和大OB・OGお仕事取材ファイル

ワダイのひと 和大OB・OGお仕事取材ファイル

ホーム > 過去の記事一覧 > 過去の記事:2010年11月 >

2010.11.12
戦略と戦術をもって

岸岡孝治先輩

朝日放送株式会社
編成本部 編成局 テレビ編成部 編成課長

1993年朝日放送株式会社に入社。
制作技術局でカメラマン、制作局でディレクター、プロデューサーを経て2010年11月より現職

和歌山大学 経済学部
産業工学科
41期卒業期卒業

企業サイトURL:http://asahi.co.jp/

取材者

山内美佐子

和歌山大学 経済学部 ビジネスマネジメント学科 3回生

山内美佐子

−岸岡先輩は入学は40期生ということですが、和歌山大学経済学部に入学されたきっかけについて教えてください。

 

 正直、志望校は和歌山大学よりもう少し難易度の高い大学に行きたかったのですが、高校現役の際はどこも受からず、浪人をすることになりました。浪人をして当時の共通一次というテストを受けたのですが、ここでも思うように点数が取れず…、しかし二浪する気力は正直ありませんでした。また私学に行くという概念は全く無く、何とか近畿の国公立のどこかにこの点数で行ける大学はないかと、赤本などで探したところ、和歌山大学経済学部の“産業工学科”を見つけました。産業工学科は、現在のシステム工学部の前身となる学科で、電算機器、つまり今でいうコンピュータを使った経済理論を勉強する学科でした。私は高校時代は理系だったので、自分の進みたかった情報工学とも繋がっていて、また自分の点数でなんとか合格できそうだったので、「ここを受けてみよう」と思ったのが動機です。第一志望ではなかったので、入学せざるを得ないという感じで入学しました。行きたくて行った大学ではなかったので、大学に入学してしばらくの間はいろいろなことで悶々としている時期がありましたね(笑)。

 

 

−情報工学の方に進みたかったということですが、情報工学について詳しく教えてください。

 

 高校生当時、工学系や理学系などの中で、いわゆるメカニック工学・機械系ではなく、コンピュータを使った情報学という分野に興味がありました。いろいろな情報をデータに置き換えてそれを分析したり、データを基に新しいシステムを作ったりなどの先駆けの時期で、なんとなく楽しそうだと思ったんです。そのため、そういう方向の学部などを本当に探して、探して、探して和歌山大学経済学部の産業工学科を見つけ、入り込んだという感じですね。いまでは、皆さんが当たり前のようにパソコンを使うと思いますが、私たちの学生時代には、個人がパソコンや携帯電話を持っていることはほとんどなく、ポケットベルがあるかないかという状況でした。だからでしょうか、将来的にこの分野が伸びるのではないかなと思っていましたね。私はどちらかと言えば、そういった方向の分野に行きたいなと思っていたので、結果的に和歌山大学経済学部の産業工学科に「ここだ」と思って入学したという感じです。

 

 

−先を見据えた上で、和歌山大学を受験したのですか?

 

 そうですね。でも、単純に理系の中では機械という物理的なものを触ったり、土木という物を建設したりということではなく、パソコンなどで新しい情報を扱った方が「かっこいい」だとか、情報工学系の方が「これから仕事が多いのではないか」だとか、漠然とは考えていましたが、明確にそちらに進むと決めていたわけではないですね。そのようなアバウトな高校生・浪人生だったので、結果的に大学に入った後も一生懸命勉強したわけではないですよ(笑)。

 

 

−続いて、学生時代に一番取り組まれていたことは何ですか?

 

当時はアメリカンフットボール部に所属していました。「どこの学部を卒業しましたか?」と聞かれれば、オフィシャル的には経済学部卒なんですが、「アメリカンフットボール学部オフェンス学科しか出ていない」と答えたいと思うぐらい、アメリカンフットボールにすごくのめり込みました。毎晩毎晩ビデオを観て研究をして、昼間はグラウンドに行って練習をして、下宿に戻ったらアルバイトもしていましたが、またビデオを観て、自分でプレーを考えてと、そんなことばかりをしている3年半でしたね。その反面、学業を全く忘れていた時期が2年ほどありまして、それが原因で1回生が終わった段階で留年が確定してしまいました(笑)。一時期大学を辞めようかと考えたぐらい、学業・大学に対する情熱がない時期があったのですが、それを繋いでくれたのがアメリカンフットボールでしたね。 

Contact

運営:和歌山大学経済学部キャリアデザインオフィス・ワダイのひとプロジェクト

和歌山市栄谷930番地 TEL:073-457-7850 FAX:073-457-7851 アクセスマップ